子育てひろば ぶらんこ ブログ

食品添加物講座を実施しました

子育て広場ぶらんこでは、お子さんの健やかな成長のために「食」を大切に考えています。その一環として、2017年11月と12月、2回にわたって、NPO法人コミュニティスクール・まちデザインの近藤惠津子先生をお迎えして、食品添加物講座を開催しました。近藤先生は、各地を回って食の安全性について講演活動をしていらっしゃいます。講座では、身近な食品に含まれている食品添加物について、どうして使われているか、どんな目的で使われているのかを実際の添加物を使って調合しながら説明していただきました。また、食品添加物の種類など基礎的なことや、人の体への作用や危険性などについても教えていただきました。

 1回目の講座では、輸入にたよった日本の食事情の講義の後、近藤先生が白衣を着て実験が始まりました。白衣を着ないと洋服に色がついてしまうそうです。レモン味、コーラなど香料、色素の組み合わせで、あっという間に清涼飲料水が出来上がりました。コンビニの真っ白なおにぎりからは、油が浮きあがりました。

2回目の講座では、最初に、市販の麦茶の乳化剤、離乳食の添加物、卵由来の添加物などについて質問に答えて下さいました。その後、インスタントラーメンのスープ、コーヒーフレッシュ、カロリーカットのマヨネーズなどの調合実験が始まりました。さっさっさっとスプーンで、香料、スープの素、だしの素、油などを調合していきます。おなじみのおいしい食品があっという間に出来上がりました。調理というより、手品のようにできあがっていく様子に参加したママたちもびっくりしていました。

 食品の袋の後ろを見ると、様々な添加物が表示されています。お子さんの健康な成長を願う親としては心配です。私たち消費者が、正確な情報と知識を持つことが、大切だと考えさせられました。ママたちからは、「疑問に思っていたことがクリアになりました」「身近な食品の具体的な成分が分かり勉強になりました」「“無添加”表示のカラクリなどがわかったすっきりした」などの感想をいただきました。

 近藤先生からのアドバイスです。『食品添加物の安全性に神経をとがらせるより、命を育む食は、なるべくシンプルでありたい、食材自体の味を大切にしたいと考えて、毎日の食卓づくりができるといいですね。結果的に、「食品添加物の少ない食材選び」が、出来るようになるはずです。それが、私が願う「食いしん坊な子ども」を育てることにきっとつながると信じています。』

はじめての方へ

  • 子育て応援サイト
  • 子育て施設向け配送サービス
  • 電気の共同購入
  • 生活クラブの放射能対策
  • 中央区・台東区で配送エリアを拡大
  • これいいクラブ
  • クッキングスタジオBELLE
  • 生活クラブの展示会

活動ブログ

子育て
保育園ぽむ
子育て広場ぶらんこ

ページの先頭に戻る