各種災害カンパのよびかけ

緊急物資輸送車異常気象、地震など、毎年のように世界各地で大規模な災害が発生しています。被災者の1日も早い復興を願い、災害時にはおおぜの力を持ち寄ってできることをよびかけています。
被災者にとって本当に必要で、長期的な支援を行なうことが重要と考え、生活クラブでは、できるだけ直接現地で活動を行なうことのできる、生活クラブと日常的に交流のある団体にカンパを託してきました。
草の根市民基金・ぐらんの助成活動などを通じ、そうした団体との交流も広がってきています。
災害はいつ、どこに発生するかわかりません。つねに自分たちの問題として考えカンパをよびかけ、復興を見守っていきます。

近年の災害カンパ

災害 カンパ金・使い途など
2006 5月発生
ジャワ島中部地震
SVA
国境なき子どもたち
 
2008 5月発生
中国大地震
日本赤十字  253万円
  5月発生
ミャンマー・サイクロン
SVA     285万
2010 1月発生
ハイチ大地震
 
JANIC   576万円
  2月発生
チリ地震
JANIC   273万円
  8月発生
パキスタン洪水
JFSA    150万円
JANIC   150万円
2011 3月発生
東日本大震災
62,613,069円
緊急物資の購入や、被災生産者・被災単協へのお見舞金など
2012

7月発生
九州北部集中豪雨

4,637,500円
グリーンコープ連合会を通して今回の集中豪雨で被害を受けた生産者と組合員の支援

  9月 ふくしま単協の保養企画実施のためのカンパ 約200万円
2013 10月発生
伊豆大島豪雨災害
被災地の行政機関である大島町を通じて被災者の方の生活再建
  11月発生
フィリピン台風被害
4,661,500円
NPO法人APLA<あぷら>を通じて、ネグロス島北部とパナイ島のバナナ生産者(197家族)に対して中期的な復興支援を実施
  第三次東日本大震災復興支援カンパ

9,689,735円

 2014

2月発生
大雪の被害をうけた生産者への支援カンパ

 

 

8月発生
広島市大雨土砂災害

募金呼びかけ(募金先:広島県生活協同組合連合会・生活協同組合連合会グリーンコープ連合)

 東日本大震災への支援

毛布を送る緊急活動

生活クラブでは、3月11日に発生した東日本大震災への支援として、「毛布を送る緊急活動」を行いました。
組合員のみなさまのご協力で、ホームページ、メールマガジンだけの緊急のよびかけだったにも関わらず、2,141枚もの毛布が寄せられました。
ご提供頂きました毛布は、3月26日に岩手単協に到着し、重茂漁協の近隣の田老漁協、石巻の生産者である高橋徳治商店・高橋英雄さんたちが避難している牧山神社、南三陸町の牡蠣の生産者・丸壽阿部商店の阿部専務へ送られ、その後地域の避難所に分けられました。


カンパ活動全国から送られた緊急支援物資を、田老地区・北高校の体育館におろした風景

2011年3月11日に発生した東日本大震災への緊急支援として、生活クラブ東京では、3/18より組合員にカンパの呼びかけを行ないました。
その結果、合計 62,613,069円 ものカンパ金が寄せられました。

カンパ金は、被災生産者・被災単協へのお見舞金とするほか、緊急物資の購入などにあてられました。

≫東日本大震災の復興支援についてはこちら

はじめての方へ

  • 子育て応援サイト
  • 子育て施設向け配送サービス
  • 電気の共同購入
  • 生活クラブの放射能対策
  • 中央区・新宿区で配送エリアを拡大
  • これいいクラブ
  • クッキングスタジオBELLE
  • 生活クラブの展示会

活動ブログ

子育て
保育園ぽむ
子育て広場ぶらんこ

ページの先頭に戻る