住まい作りの現場から~事例のご紹介~

TOP住宅事業 >住まい作りの現場から

生活クラブの住宅事業で取り扱った住まいづくり(新築・リフォームなど)の様子をここではご紹介します。

~新築~

■小平の家■

屋根面で生まれる温かい空気を、家全体に循環させて、自然エネルギーの有効利用と住宅の温熱環境に配慮した家です。また、太陽熱温水器の利用もしています。
内部は、土間・階段・吹き抜けが、一つの空間になって、家全体に広がりのある空間となっています。 建物の北側には外壁と一体になった、共同購入用の外部収納スペースを作っています。

玄関からつづくリビングの先の土間は、掃き出し用土間サッシを使用することにより、外部と一体化して、活用出来る内部空間になっています。

 

 

土間、階段、吹抜が一つの空間となり、光を取り入れ、広がりのある、明るい空間が生まれています。

 

 
 

小平の家はT字路の突き当たりにあります。そんな地区の印象を形づくる位置にあるため、建物の立面を特徴づけるスギの縦格子を、門扉や門塀の意匠にも転用して、印象深い町並みを形成することを目指しました。門塀に連続するのはシラカシの生け垣。どこかなつかしい空気を生み出してくれます。近年、町を歩いて生け垣がずいぶん減ってしまったことに気がつきます。常緑樹のシラカシは花が楽しめたり、紅葉が楽しめる訳ではないのですが、その明るいさわやかなみどりは飽きのこない町並みをつくってくれます。

 

 

門扉の位置をあえてポーチから離すことによって、飛び石のアプローチの長さを極力長くしました。長いアプローチは外の喧噪と落ち着きのある我が家の間の緩衝剤の役割を果たしてくれると思っています。 

 

 


■高野台の家■

 

東日本大震災で瓦屋根がずれたので、前々から気になっていた、「耐震診断をして欲しい」という相談から始まった計画です。
耐震診断をしてみると、かなり大がかりな補強に成ることが予想されました。

「それなら住みやすさも熱環境的な性能も、新しく取り組んだ方が良さそうだ。」ということで、建替えとして新築を計画しました。

前面道路を挟んで向いにある児童公園の景色を眺めるように、道路側開口部には大きなテラスサッシを配置し、春にはリビングから、公園の桜をお花見することが出来ます。

外観は、シンプルでコンパクト。住宅の前の庭が出来上がれば、道路を挟んだ向かい側の児童公園と、緑の連携を生み出す計画です。

内部もリビングを中心とした、シンプルな一室空間の住宅です。
杉の力桁と段板による階段。床も杉の無垢材。壁の仕上げは漆喰。 天井は、これも杉の縁甲板です。

1 階の木製建具を閉めると、対面式のオープンなキッチンを隠すこともできます。 

高野台の家では塀や垣根をつくっていません。小さな築山と雑木林が緩やかに前の道と家を隔てています。このように地域に開かれた庭をオープン外構と呼んでいます。プライバシーを守りつつ地域の人たちみんなにたいせつにされる庭になることを目指しています。

駐車場や園路も飛び石を並べただけにしています。庭をコンクリートや舗装材で覆ってしまうのではなく、水や空気が土の中へとゆっくり巡っていくようにすることで、生きた土のある庭になると思っています。

冬が終わって春、この小さな雑木林が新緑におおわれる頃、いろんな生きものたちもこの庭に集まってくると思っています。


■小竹町の家■

完全分離の二世帯住宅です。1階が親世帯、2階が子世帯。各々が独立した、生活を営めるように計画しました。
2階部分のリビングはを、寝室と中庭を挟んでスキップフロアにしたことで、1階リビングの天井が高く取れ、変化と開放感を生んでいます。

屋根上には、太陽熱温水器を設置して、1階浴室に利用しています。

1階LDKと和室

≪1階LDKと和室≫
和室は、LDの一部として使用することも可能です。腰かけたときにちょうど良い高さにした、小上がり状の和室で、下は引出式の収納になっています。床は杉の無垢材、壁は漆喰仕上げとしています。

 

 2 階の居室

 ≪2 階の居室≫
小屋組を表わした天井。天井仕上げは杉の無垢材による縁甲板。天井には断熱材を充填して、熱環境にも配慮しています。2階キッチンは造作家具。天板には天然の白い花崗岩を使用しています。突き当たりの壁の向こうは洗面脱衣室と、浴室。梁を合わせた間に、照明を仕込んでいます。

 

2階の中庭

 

 

 

 

 

 


木格子による目隠しを設けた中庭では、通風と採光に役立つだけではなく、開放感のある広がりも生み出しています。

 

 


 

 

 


■品川の家■

シンプルで機能的な、明るく伸びやかな住宅。「新たな防火制度」の対象区域(新防火区域)に設計。準耐火建築物でありながら、梁を燃え代設計により無垢のあらわしとしている。また、建具にも無垢の杉材を使用することにより、見た目にも木が表された、とても良い杉の香りに満ちた住宅となっている。
外観のアクセントと、内部のプライバシーを守るための木製目隠しと、バルコニー。
 
玄関ドアは、片引き戸。
 
冬場、玄関部分の冷気を防ぐように、障子を設けている。
竪の組子を細くして、シャープに仕上げた障子。
 
上り框は、ケヤキ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
メインの窓にはFIXの窓を採用し、スッキリと空が見える。
換気通風は横の小窓から行い、空を見るための窓と、機能的な窓の、役割分担。
 
  2階台所
キッチンカウンター上部には、吊り戸を設けず、台所からDKがスッキリと見渡せる。
キッチンは、システムキッチンと造作によるカウンターとの組合せにより、作成。カウンター天板の杉は、赤身で板目も通っていて、見応えのあるものと、なっている。
 
 
 
  

~住んでみて分かること 組合員の声編~
 


■Sさんの家■ 

 冬が寒く、結露・カビに悩まされていたため、建替えを決めてからの最重要ポイントが、湿気対策だったため、壁紙ではなく調湿性の高い漆喰を紹介されました。どんな効果があるのか全く知らなかったのですが、かなりの優れものでした。
 まず、静電気を帯びないので埃が激減しました。電化製品は、以前は一週間もすると綿埃だらけの状態となっていましたが、今は、うっすら付く程度です。さらに、夏が涼しくなりました。触れた感触もひんやりして気持ちがいいです。いつも湿度計は60%程度を指すようになり、漆喰の壁が丁度良く湿気を調整してくれているようです。そして、嫌なにおいを漆喰が吸収してくれるようで、1年経った今でも家を訪ねて来られた方から“木のいいにおいがする”と言われるのは嬉しいです。

 設計図面が完成して工事契約が済んでからも、工事期間中に毎週打ち合わせを行い、細かいところまで調整頂きました。そのおかげで家のなかで特に気に入っている場所の一部をご紹介します。

玄関の大容量収納が便利





決して広い家ではないので玄関も狭いのですが、天井までの大きな下駄箱に加え、土間収納、コート収納を作ってもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

昇り降りしやすい階段



設計士の方に普通より若干角度を緩やかにしていただきました。知人が訪れて来た時、階段のことは何も言わなかったのに、昇り降りしやすいと言われました。ほんの僅かの違いでこれほど使い易くできる専門家の方はさすがです。

つくりつけの食器棚



地震で倒れる心配もありませんし、壁や天井との間に隙間ができないので埃が溜まりません。

 

 

からだに合わせて寸法を決めたキッチン
アイランド型(I型2本)のキッチンがLDKの約1/3を占めていて、一般的なキッチンよりかなり広い方だと思います。キッチンの高さ、間隔をどのくらいにするかとなると身長や歩幅にもよりますので、お任せではなくショールームに何度も足を運んで決めました。大変使い易いキッチンとなり満足しています。
設計ではシンク下は収納にしていたのですが、施工時にオープンに変更しゴミ箱の置き場にしました。このような現場での変更にも快く対応いただきました。キッチンのごみ箱の置き場は考えておいた方が良いと思います。

 

 

 費用については当初考えていた予算を大幅に超過してしまいました。今振り返ってみると、影響の大きいのは工期ではないかと思っています。我が家の工期は7か月でしたが、銀行、不動産屋、知人など複数の方から「工期が長いですね」と言われました。
 我が家の建替えでは、前の家を取り壊して地面を掘り返すと大量のごみが出てきて、棟上が予定よりも1ヶ月遅れることとなり、予定外の費用がかかりました。でも、きちんと対応いただいたのはありがたいと思っています。施工側にとっても、地盤処理、基礎工事、大工さん、その他多くの関係者との日程調整でかなり迷惑がかかったと思います。面倒だからとか工期優先で埋め戻されていたらとんでもないことになっていたかも知れません。
 建築中に大工さんから、無垢の木で家を建てるというのは楽しいと言っていただきました。今は、決まった寸法の材料がすべて準備されていて、現場では組み合わせれば家が出来上がるそうです。この時、木で家を建てるから工期が長いのではなく、既製品の建材を使うから工期が短く、価格にもつながるのだと思いました。また、無垢材で家を建てられる大工さん、左官屋さんが減って、木の家が建てられなくなるのではないかと心配にもなってしまいました。

 実際に住んでみて、期待以上の大満足の家が建てられたということは決して高い買い物ではなかった、と思っています。


~アフターフォロー編~

■練馬早宮の家■

先日、練馬区早宮の家の4年目の点検に伺いました。 点検と言っても、懐かしい住宅に 4 年振りの訪問をするといった感じです。 とても楽しそうに暮らしていただいていました。 楽しそうに暮らしていただけていると、家が幸せそうに喜んでいるように感じられます。

柱や梁、床や建具の杉材が、4 年の月日を経て、落ち着いた飴色になってきていました。 生活クラブでは、建築士が関わるリフォームや新築工事の場合、引渡し後1年・ 4 年・ 8 年半・15年・・・に、定期的な住まいの点検に、伺わせていただく仕組みがあります。

1 年目は住み始めて気が付いた点や、季節を過ごしてみて気が付いたことや、自然素材の変化などを微調整するため。 4 年目は、外部の塗装関係や、少し年月を経て調整した方が良いことがあるかないかの相談や、プラスαの住まい方の工夫の相談や、素人では気が付きにくい不具合がないかどうかの確認のため。 8 年半は、防水など建築関係では、10 年保証のものが多いため、保証期間が切れる前に、不具合があれば保証期間内に手直しの施工を行なうためです 。

歯の病気やその他の病気も同じだと思うのですが、 建築も、はっきり悪くなる前、傷む前に、手当をするのが、施工も楽で費用も少なくてすみます。 大事に至らないためには、日々の健康管理みたいなもので、こまめな点検が一番です。 そして点検してみて、何も問題ないのが一番よいのです。

左官材料で仕上げた外壁も、汚れもクラックもなくとても良好な状態でした。引渡しをしてから 4 年も経ったのかと思うと、月日の過ぎる早さを感じます。 また、伺わせていただくのが楽しみです 。


「わら床畳」 減農薬い草の産地情報

九州の減農薬い草の栽培農家の近況報告です。
 
今年も産地熊本では先刈り作業が始まっています。
画像は、減農薬い草栽培農家の小林家東側の圃場です。
 
先刈り作業は、プロ野球で言う開幕日みたいなものです。
ゴールデンウイーク期間中はその作業が中心で、い草農家のゴールデンウイークとはその作業の事を指します。
 
手で雑草を取り、肥料をやったり、杭を打ったり、網掛けしたりと外仕事がメイン。
畳表は栽培農家が自ら織りあげますので、しばし、畳表の生産は止まるか生産性がかなり落ちてしまいます。
 
今年も順調にい草が育ちますように!
 
(2014年4月)

 

はじめての方へ

  • 子育て応援サイト
  • 子育て施設向け配送サービス
  • 電気の共同購入
  • 生活クラブの放射能対策
  • 台東区・新宿区・中央区で配送エリアを拡大
  • これいいクラブ
  • クッキングスタジオBELLE

活動ブログ

子育て
保育園ぽむ
子育て広場ぶらんこ

ページの先頭に戻る