耳ヨリなハナシ(お役立ち情報)

冷奴トッピングアラカルト-----------------------------------

 ◆オクラとかつお細けずり+丸大豆醤油◆

オクラは塩をまぶして揉み、熱湯でさっとゆでて水にとる。ヘタを落として薄い小口切りにする。

豆腐の上にオクラとかつお細けずりをのせ、丸大豆醤油をかける。

 

 ◆レタス、わかめ、トマト+醤油ドレッシング◆

肉厚わかめは塩を抜き、感想わかめは戻す。

レタスとトマトは食べやすい大きさに切り、豆腐を添えて醤油ドレッシングをかける。(お好みのドレッシングでどうぞ)

 

 ◆みょうが、ねぎ、根生姜、大葉+丸大豆醤油◆

みょうが、ねぎ、根生姜、大葉を千切りにして水に放ち、水気を切って豆腐の上にのせる。

 

 ◆たまねぎ、きゅうり、にんじん、レタス、皮むきいりゴマ+ごまだれ◆

野菜は千切りにして水に放ち、シャキッとさせて水切りし、豆腐にのせて皮むきいりゴマを散らす。好みでごまだれをかける。

 

 ◆きゅうり、ちりめんじゃこ、大葉+丸大豆醤油◆

ちりめんじゃこは乾煎りする。きゅうりと大葉は千切りにし、豆腐にのせ、ちりめんじゃこを散らす。

 

 ◆玉ねぎ+丸大豆醤油、ごま油◆

玉ねぎをスライスして水に放つ。水切りした玉ねぎを豆腐にのせ、丸大豆醤油とごま油をかける。

 

 ◆きゅうり、まぐろ油漬け缶+にんにくしょうゆドレッシング◆

まぐろ油漬け缶の油を切り、千切りのきゅうりと一緒に豆腐の上にのせる。

 

 ◆トマト、きゅうり、大根+丸大豆醤油、ごま油◆

野菜を5mmの大きさのさいころ状に切り、豆腐の上にのせ、丸大豆醤油、ごま油をかける。

 

 ◆オクラと長いも+丸大豆醤油、おろしわさび◆

オクラは塩をまぶして揉み、熱湯でさっとゆでて水にとる。ヘタを落として薄い小口切りにする。

みじん切りした長いもを豆腐の上にのせ、オクラを散らす。

 

 ◆きゅうり、水菜、白菜キムチ◆

千切りのきゅうりと3cmに切った水菜を水に放ち、水切りした野菜を豆腐の上にのせ、食べやすく切った白菜キムチをのせる。

 

 ◆梅びしお、オクラ、かつお細けずり+めんつゆストレート◆

梅びしおとめんつゆストレートを混ぜたタレを作っておく。

オクラは塩をまぶして揉み、熱湯でさっとゆでて水にとる。

ヘタを落として薄い小口切りにする。豆腐の上にオクラとかつお細けずりをのせ、タレをかける

豆腐水切り方法あれこれ-----------------------------------

豆腐の約90%は水分です。料理によっては余分な水分をある程度抜いてから調理すると、

調味料がよくなじみ崩れにくくなり、おいしさが違ってきます。それぞれ料理に合わせて加減して水切りをします。

 

  • 自然に◆ 豆腐を布巾で包んで盆ザルやまな板にのせ、20分位おきます。豆腐の重みで自然に水気を切ります。冷奴やサラダなどに。

  • 軽く切る◆ 豆腐を布巾で包んで盆ザルやまな板にのせ、豆腐の上に皿を1枚のせ20~30分置きます。鍋物や煮物などに。

  • よく切る◆ ①同様にして豆腐の上に皿を2~3枚のせ1時間置きます。炒め物や揚げ物、焼き物など。

  • ゆでる◆ 料理に合わせて切り、沸騰した湯の中に入れ、弱火でゆらゆらと動く位の火加減で1~2分ゆで、ザルにあげて水切りします。熱によって豆腐を膨張させ、内部の隙間を少なくすることで溜まっていた水分を追い出します。炒め物や白和えなどに。

  • 蒸す◆ 切った豆腐を蒸し器で2~3分蒸し、水気を切ります。

  • レンジで◆ 短時間で水切りをしたい時は、布巾で包んだ豆腐を耐熱皿にのせ、ラップをしないで電子レンジで2分程度加熱します。

いろいろな切り方-----------------------------------

  • やっこ* 豆腐を縦長半分に霧、横3~4等分にして3~4㎝角の大きさに切る。湯豆腐や冷奴に。

  • さいの目* 豆腐をさいころのように1~1.5センチ角正方形に切る。豆腐の厚みの半分に包丁を入れ、後は縦横に切る。味噌汁や麻婆豆腐に。

  • あられ* さいの目より小さい5mmほどの角切り。お吸い物に。

  • そぎ切り* 焼豆腐は味がしみやすいように包丁を斜めにして切ります。すき焼きや鍋物に。

  • 薄切り* 料理に合わせて5mm~2㎝幅の薄切りで、好みの大きさにする。煮物などに。

  • ちぎる* 豆腐を直接手で適当な大きさにちぎる。切り口がざらついているので味がしみやすくなる。 炒め物などに。

表示制度のお話------------------------------------2009年現在

表示は「食品衛生法」「JAS法」によります。両制度は表示の形式に違いがありますが、表示項目は共通で、品名(名称)、原材料名、内容量、期限、保存方法、製造業者です。

 

  • 品名(名称)*豆腐の種類名です。もめん豆腐、きぬごし豆腐、油揚など、その内容を表す一般的な名称を表示します。

  • 原材料名*原料と添加物を区別して表示します。原料は豆腐では通常「大豆」のみを表示。油揚では「大豆、植物油」などと表示します。添加物は「豆腐用凝固剤」「消泡剤」で、制度上はこれだけの記載でよいことになっていますが、その品名も記載されていることがほとんどです。

  • 遺伝子組み換え大豆*遺伝子組み換え大豆を使用した場合はその旨の表示義務があります。非遺伝子組み換え大豆を使用している場合は任意表示です。原材料欄に「大豆(遺伝子組み換えでないものを分別)」または「大豆(遺伝子組み換えでない)」と表示されています。

  • アレルギー表示*大豆もアレルギーを引き起こす食品とされますが、症状が軽いとされ表示義務ではなく「表示に務める」食品に分類されています。なお、豆腐の場合原材料欄には大豆と記載されているので、表示はこれでよいことになっています。

  • 原産地表示*制度上、原産地表示の義務付けはありませんが、平成18年6月に農林水産省より原産地表示のガイドラインが示されました。内容は義務表示事項と概ね同じですが、国産使用の強調表示などの記載に違いがあります。

  • 内容量*通常グラム単位で表示しています。油揚、がんもどきなどは、枚数・個数を表示しています。外からわかる場合は省略が可ということになっています。

  • 期限*以前は製造年月日が基準でしたが、食品衛生法の改正で平成9年より摂取できる期限を示す「期限表示」に変わりました。表示方法は、日持ちの短い食品は「消費期限」(摂取可能期限が概ね5日以内の食品で、多くの豆腐製品が該当)、日持ちの長い食品は「賞味期限」(豆腐では充填豆腐の類が該当)を表示します。製造年月日を表示する場合は一括表示の欄外に記載します。

  • 保存方法*通常「10℃摂氏以下で保存」と表示します。

  • 製造業者*製品の責任の所在を明らかにするため、製造業者名、その住所を表示します。

 

はじめての方へ

  • イベントカレンダー
  • 16まちの紹介
  • 消費材を使ったカフェ&レストラン
  • 夕方便
  • 子育て応援サイト
  • これいいクラブ

ページの先頭に戻る