わたしのまちの最新のお知らせ

リレー上映会「種子ーみんなのもの?それとも企業の所有物?」のお知らせ

北東京生活クラブでは、あちこちのまちで「種子ーみんなのもの?それとも企業の所有物?」の上映会(カフェタイム付き)を順次開催します。
食の源である種子。
 農業も豊かな食文化も、すべては1粒の種子から始まりました。しかし「緑の革命」以降、工業化された大規模農業が推進される中で、種子は知的所有権の対象となり、グローバル大企業による支配が進められてきました。
 2010年以降、ラテンアメリカでは農民による種子の保存を禁じ、毎回企業から種子を買わなければならなくする通称「モンサント法案」が多くの国をかけめぐります。農民を先頭に、先住民族、女性、市民、さまざまな人たちが声をあげ、大規模な反対運動が起こりました。本作品はこれら人びとの種子を守り、地域の経済や文化、食料主権を守る闘いを描いたドキュメンタリー作品です。
ご都合のつく回に、ぜひご参加ください。

「リレー上映会」スケジュールはこちら

はじめての方へ

  • イベントカレンダー
  • 16まちの紹介
  • 消費材を使ったカフェ&レストラン
  • 夕方便
  • 子育て応援サイト
  • これいいクラブ

ページの先頭に戻る