プライバシーポリシー

 

                    2001年1月                       
                   北東京生活クラブ生活協同組合 理事会

このウェブサイトの個人情報保護について         

 生活クラブ生活協同組合(以下、生活クラブといいます)は、

近年のインターネットをはじめとする情報技術の急速な進展と、

個人情報保護に対する社会的要請の高まりから、特にウェブ上

での個人情報の取扱いについて、このウェブサイト

(「このウェブ・サイト」とは、 http://tokyo.seikatsuclub.coop/kitatokyo~を指します)を

訪れる全ての人(以下、ビジターといいます)を対象に、

以下の通り個人情報保護方針を定め、役員及び関係者に徹底を図ります。

個人情報とは

 個人を識別できる情報を指します。

氏名、電話番号、メール・アドレス、住所、お問い合わせ等の情報で、

この内の1つまたは複数の組合わせにより、個人を特定することのできる情報を意味します。

お願い

生活クラブのウェブ・サイトとリンクしている他のウェブ・サイトにおける

個人情報の安全確保については、生活クラブが責任を負うことはできません。

ご自身で当該ウェブ・サイトにおける個人情報保護方針

(名称には様々なものがありますが、個人情報やプライバシーという

言葉が使われている場合が多いようです)の内容を吟味し、

個人情報保護方針が無い場合には当該ウェブ・サイトの

担当部門・担当者に直接確認される等、

ご自身の個人情報の安全を確保されるようお勧めします。

【個人情報保護方針】

現在、生活クラブが運営するウェブ・サイトをご利用されるビジターは、

個人情報を開示しなくてもほとんどのサービスが利用できます。

1.個人情報の提供について

原則として、本人に断りなく、個人情報を収集することはありません。

また希望しない場合、ご自身の判断により個人情報を提供しないことが可能です。

個人情報をご提供して頂く場合は、あらかじめ目的を明示します。

ビジターの便宜を図る、サービスの質を向上させる、

ビジターのニーズに合致したサービスを提供するなどのために、

必要な範囲で個人情報を伺うことがあります。

 

2.ビジターの個人情報の利用について原則として、目的以外の利用は致しません
(ビジターの個人情報の開示につきましては、下記3を優先して適用します)

あらかじめ明示した目的の範囲内での利用に限定します。
 
ご提供頂く際に明示した目的を超えて、個人情報を利用する
 
必要が生じた場合は、事前にご連絡致します。新たな目的にご同意頂けない場合には、
 
ご自身の判断により、利用を拒否することができます。
 

3.ビジターの個人情報の第三者への開示について

ご提供頂いた個人情報は、以下の何れかに該当する場合を除き、
 
如何なる第三者にも開示致しません。
 
(1)ビジターの同意がある場合
 
(2)ビジター個人を識別することができない状態で開示する場合
 
(3)業務委託先等に、機密保持契約を締結して必要な限度において開示する場合

(4)お問合わせ内容が、生活クラブの関係団体や取引先から

   回答させていただくことが適切と判断される場合

(5)法令等により要求された場合
 

4.ビジターの個人情報の管理について適切な管理を行ないます

ビジターの個人情報は適切・慎重に管理されています。

個人情報の紛失、誤用、改変を防止する対策を実施しています。

個人情報は、権限の無い者がアクセスできない安全な

(アクセスコントロールやパスワードコントロールの施されている)環境下に保管しています。 

5.お問い合わせについて

 ご自身の個人情報について確認されたい場合には、

個人情報を書き込まれたウェブ・サイトの管理部門にお問い合わせ下さい。

第三者への個人情報の遺漏を防止するため、

ビジターご自身であることが確認できた場合に限り、保管しております個人情報を、

合理的な範囲で速やかにお知らせ致します。

個人情報に誤りや変更があった場合は、ビジターからの要請に基づき、

第三者による個人情報の改竄を防止するため、

ビジターご自身であることを確認できた場合に限り、

合理的な範囲で速やかに、不正確または古い情報を修正または削除させて頂きます。 

6.ウェブ・サーバーの運用について

 生活クラブは、ウェブ・サーバーに記録されたビジターの

IPアドレス(ご利用されているコンピュータを特定できる番号)を、

主として下記の目的で利用する事があります。

 ・ウェブ・サーバーで発生した問題の原因を突き止め解決するため。 

 ・ウェブ・サーバー管理のため。 

7.クッキー(Cookie)の利用について


クッキーは、インターネットの効率的な運用のために、

ウェブ・サーバーがビジターのブラウザに送信する小規模の情報で、

ビジターのディスクにファイルとして格納されることもあります。

クッキーの利用により、利用者個人の識別はできません。

生活クラブのウェブ・サーバーは、次のような目的でクッキーを使用することがあります。

ウェブ・サイトや電子メール等の内容をビジターが

よりご満足いただけるよう改良したり、

ビジター個々の利用に合わせてカスタマイズしたりするため。

ビジターは、ブラウザの設定により、クッキーの受け取りを拒否したり、

クッキーを受け取ったとき警告を表示させたりできます。 

8.関係法令及びその他の規範の遵守について

生活クラブは、ご提供頂いた個人情報に関して適用される法例、

及びその他の規範を遵守致します。

生活クラブでは、以下の理由からウェブ上における個人情報保護方針を

改定することがありますので、定期的にご確認されることをお勧めします。 

  ・ウェブ・サイトのサービスを向上させるため
  ・より良くビジターの個人情報の保護を図るため
  ・日本国の従うべき法令その他の規範の変更に伴って
  ・なお、本ページの内容は、ウェブへの掲載日以降適用します。
    
                         このページの内容に関するご質問は、こちらで受け付けています。
 
 

 
                                        2005年3月
                       生活クラブ生活協同組合 東京理事会
 

個人情報保護基本方針

 

生活クラブ生活協同組合(東京)は、人格尊重の理念にもとづき

個人情報取り扱いの重要性を認識し、個人の権利や意思を尊重するために、

保有する個人情報に関して法律等を遵守した取り扱い方法を定め、

適切な取り扱いに努めます。

以下の通り個人情報保護に関する基本方針を定め、

組合員と生産者、地域社会からの信頼に応えていきます。

1.個人情報の適正な収集・取得と利用目的の明示について

定款に定められた事業の安定した業務遂行のために、

組合員から必要な情報を収集させていただきます。

組合員基礎データ管理、業務の遂行、生活クラブの活動紹介、

組織運営で必要な個人情報の収集を、生協法その他

法令等に照らし適正かつ公正な方法によって行います。

また、アンケート等で個人情報が集積される場合は、

あらかじめその利用目的を示し、アンケート情報は必要な範囲に限って利用します。

生活クラブグループ組織が共同利用する場合は、

共同利用の組織範囲、利用する情報の種類・目的などを、

あらかじめ本人に通知し、または、ホームページ等に掲載し、

本人が容易に知り得る状態に置くものとします。

第三者への情報提供は、あらかじめ承諾を得ている場合の他、

法令等、また公共の利益のために必要と判断される場合においてのみ行います。 

2.個人情報保護安全管理体制とマネジメントについて

 
(1)個人情報保護に関する内部規程の整備、「個人情報管理者」の配置

個人情報保護に関する内部規程を整備し、

個人情報の取扱いについて明確な方針を示し、周知徹底します。

統括責任者と運用に関し決定権限を持つ情報保護担当者等を設置し、

各組織における指示系統及び責任等を果たす職務を定めます。

情報システムに対する脅威(例えば、盗聴、侵入、改ざん、破壊、窃盗、漏洩、攻撃等)から

保護する情報資産を明確にするとともに、情報資産ごとに機密性や

利用環境等を考慮したリスク分析を行い、その結果に従い管理対策の実施や、

教育訓練等の推進・維持のためのマネジメント体制を確立します。

 
(2)人的安全管理措置

個人情報を扱う全職員・従業者(臨時職員を含む)は、

個人情報保護基本方針ならびに、法律・条例等を遵守しなければなりません。

関連する就業規則等を整備し、職員・従業員の雇用に際しても

個人情報保護について同意を求めます。

全職員対象に、個人情報保護に関する教育研修を実施します。

特に当該職員の情報保護に関する権限と責任を明確にし、教育・研修を強化します。 

(3)物理的安全管理措置

電子計算機室や事務所等、重要な情報資産を保管する場所について、

不正な立入りや盗難・損傷および妨害から保護するために

適切な設備の設置、入退室や機器管理における物理的な対策を講じます。 

(4)技術的安全管理措置

不正アクセスやウィルスによる個人情報の破壊・漏洩を避けるため、技術的対策を講じます。

情報システムの利用者等が、

個人情報保護規程を遵守しているかどうかについて、確認できる措置をとります。 

(5)情報内容の正確性の確保と廃棄

情報内容の正確性を確保し、最新なものとするために常に適切な処置を講じていきます。

また、使用されなくなった個人情報については、

流出・漏洩に留意しつつ、速やかに適正な方法で廃棄します。 

(6)委託先の監督

業務委託契約を締結する際には、業務委託先の個人情報保護に関する

信頼性等を十分審査し、契約書内容についてもその旨を反映させます。 

3.評価・見直しと監査体制の整備・充実

 個人情報保護基本方針の実施状況、将来の技術、

情報保護環境の変化・外的脅威の状況等を踏まえ、

必要があれば更新するなど継続的に評価・見直しを行います。

そのために、監査体制を整備し、その結果を個人情報保護取り組みの評価・見直しに反映させます。 

4.保有個人データに関する開示・変更・利用停止等の求めへの対応について

他の法令に違反することとなる場合等の法に基づく場合を除き、

本人の申し出にもとづき自らの保有データに関する開示、訂正、削除等の

請求があった場合は、請求者がご本人であることを確認した上で対応します。 

5.個人情報の取扱いに関する問合せ相談

個人情報の取扱いに関する苦情等に対する適切・迅速な相談に努めます。

問い合わせや連絡先は、ホームページなどで公表します。

はじめての方へ

  • イベントカレンダー
  • 16まちの紹介
  • 消費材を使ったカフェ&レストラン
  • 夕方便
  • 子育て応援サイト
  • これいいクラブ

ページの先頭に戻る