生たらフィレ・デポー鮮魚・がんも原料山芋の消費材放射能検査結果

1:生たらフィレ(北海道根室産)からの生活クラブ自主基準値を超す放射能検出への対応

12月19日に飯能デリバリーセンターで実施した生活クラブ消費材放射能検査の結果により12月15日(土)~19日(水)供給の「生たらフィレ(北海道根室産)」から、生活クラブ放射能自主基準を超える検出がありました

 生活クラブの魚介類の自主基準は50bq/kg(国の基準は100bq/kg)です。

国の基準は下回っていますが、生活クラブ自主基準の50ベクレルを越えているため、返金対応をさせていただきます。
15日(月)~19日(水)に、「生たら(北海道産)」を購入された方は、12月30日(日)までにデポーまで申告してください。
該当デポーは、デポー八王子みなみ、デポー国分寺、デポー東村山、デポー西東京、デポーいたばし

~今後の対応~

今回の生たらは、択捉島近海で漁獲し根室の加工場でフィレ加工したのちにデポーに入荷したものです。根室産の生たらは当面取り組みを中止し、継続した放射能検査を実施したうえで再開を判断します。

~外部検査機関による再検査の報告(12月27日)~

 今回の放射能検出のあった検体を「日本食品分析センター」にて再検査しましたので、結果を報告します。

▼検査結果
セシウム137:36Bq/Kg (検出限界 2.5Bq/Kg)
セシウム134:20Bq/Kg (検出限界 2.6Bq/Kg)
セシウム合計:56Bq/Kg

※試験実施施設:財団法人 日本食品分析センター多摩研究所  γ線スペクトロメータ(ゲルマニウム半導体検出器)法


2:がんも類原料の山芋・デポー鮮魚の検査結果 

12月19日に飯能デリバリーセンターで実施した、がんも原料の山芋・デポーの鮮魚の放射能検査結果を報告します。

  • 放射性ヨウ素・放射性セシウムともに不検出でした。


「生活クラブ消費材放射能検査」について

  • 飯能デリバリーセンターではNaIシンチレーションカウンター(キャンベラジャパン社製)を用いて、食品内の放射性ヨウ素とセシウムの値を測定します。専用容器に入らない大きさのものは切ったり、泥を洗い流す作業をします。検査の様子はこちらをご覧ください>>>(連合会HPへ)
  • 生活クラブ連合会が実施する放射能検査結果はこちらからご覧いただけます>>>(連合会 放射能検査結果データベースへ)

生活クラブの放射能自主基準はこちら>>>(画像をクリック)

 

 

 

生活クラブ東京の消費材放射能検査結果のページへ戻る

はじめての方へ

  • 子育て応援サイト
  • 子育て施設向け配送サービス
  • 電気の共同購入
  • 生活クラブの放射能対策
  • 中央区・新宿区で配送エリアを拡大
  • これいいクラブ
  • クッキングスタジオBELLE
  • 生活クラブの展示会

活動ブログ

子育て
保育園ぽむ
子育て広場ぶらんこ

ページの先頭に戻る