鮮魚・パン原材料小麦(デポー)の放射能検査結果

飯能デリバリーセンターで実施した放射能検査結果を報告します。

  • 放射性セシウムは不検出でした。

(2013年7月26日)

★13年4月から、検査方法・表記が一部変わりました。

飯能デリバリーセンターにこれまでの放射能測定機器(NaIシンチレーション検出器)に加え、新しい放射性セシウム測定装置(CsIシンチレーション検出器)1台を新規設置し、食品の常温品・冷蔵品・冷凍品の検査を4月より開始しています。
約100gの検体につき、約17分で検出下限10Bq/kgの測定が可能となります。これにより、多くの検査を短時間で、より低い検出限界値で実施できます。

▲新しい測定器CsIシンチレーション検出器CsIシンチレーション検出器はセシウム測定が対象ですので、半減期が約8日と短い放射性ヨウ素は対象外です。また、放射性セシウムの検出結果は半減期が異なるセシウム134とセシウム137の合計数値で表されます。
ヨウ素も検出できるNaIシンチレーション検出器での2時間・10時間検査もあわせて、今後も検査を進めていきます。


 

 「生活クラブ消費材放射能検査」について

生活クラブの放射能自主基準はこちら>>>(画像をクリック)

 

 

 

生活クラブ東京の消費材放射能検査結果のページへ戻る

はじめての方へ

  • 子育て応援サイト
  • 子育て施設向け配送サービス
  • 電気の共同購入
  • 生活クラブの放射能対策
  • 中央区・新宿区で配送エリアを拡大
  • これいいクラブ
  • クッキングスタジオBELLE
  • 生活クラブの展示会

活動ブログ

子育て
保育園ぽむ
子育て広場ぶらんこ

ページの先頭に戻る