生活クラブ東京の最新情報

第44回通常総代会 特別決議
協同組合を社会に根付かせるために

 
 

6月19日(火)に開催された生活クラブ東京 第44回 通常総代会は総代定数300人のうち265人の出席で成立し、各議案が以下の通りの賛成多数で提案通り決定されました。
議事の最後、協同組合を社会に根付かせるための特別決議が稲葉亨江 理事より提案され、満場の拍手で採択されました。
2012年は国際協同組合年です。2009年に国連が決議したように、日本でも協同組合が社会に必要とされる機能を生み出す道具として、だれからも認められる社会をめざす 活動を進めていきます。 


第44回通常総代会 特別決議

協同組合を社会に根付かせるために

2009年12月の国連総会決議「社会開発における協同組合」によって、今年2012年を「国際協同組合年」とすることが決定しました。その決議は、協同組合の認知度の向上、協同組合の成長の促進、適切な協同組合政策の確立の3つの目標を掲げると共に、国連加盟国の政府と協同組合関係者に対して、この目標の達成に向けた対策を検討し、実施することを求めています。
この国連の要請に応えることは私たち協同組合の仲間と日本政府の責務です。互いに連携して、協同組合が社会に必要とされる機能を生み出す道具として、だれからも認められる社会をめざすことが必要です。
国際協同組合同盟(ICA)による協同組合の定義は、「組合員が出資し共同で所有し民主的に管理する事業体を通じて、共通の経済的・社会的・文化的なニーズと願いを満たすために、自発的に手を結んだ人々の自治的な組織」です。
日本は、消費生活(生協)、農林漁業(農協・漁協・森林組合)、商工業(企業組合・商店街振興組合等)、金融(信用組合、ろうきん)、共済(コープ共済・火災共済等)、地域事業(ワーカーズ・コレクティブ、ワーカーズ・コープ)などの分野で事業活動をすすめるという、世界でも有数の協同組合社会です。その活動は共益の範囲にとどまらず、「新しい公共」の担い手として、食、地域福祉、環境などさまざまな分野における社会機能としての実績を着実に形成しています。
昨年の東日本大震災は、共助・たすけあいの必要性の再確認とともに、復旧・復興支援への取り組み、原発事故を踏まえた脱原発に向けた個々人の意志表示など自発的に行動することの大切さが再認識されるきっかけとなりました。先のICA定義を見ても、協同組合がまさしく今の日本に求められているといっても過言ではありません。しかし、協同組合ごとに所管官庁がタテ割りであり、横断的に協同組合を包括する法律はありません。

以上のことを踏まえ、私たち生活クラブ生活協同組合は次の3点を通常総代会において決議します。

  1. 私たちは、大規模災害、無縁社会など社会不安が澱のように漂う社会にあって、他の協同組合・NPO・市民団体との連携、行政との協働などゆるやかなネットワークを形成します。
  2. 私たちは、地域社会に根ざし、たすけあう文化の形成をリードすることによって、参加型社会とくらしの安心をつくり出すことに果敢にチャレンジします。
  3. 私たちは、協同組合を社会に根付かせるためにも、日本政府に対して、国連決議の3つの目標を達成するための実行計画を早期につくるとともに、「協同組合基本法」制定に着手することを強く求めます。

2012年6月19日
生活クラブ生活協同組合・東京 
第44回通常総代会 

  

議案 採決方法
第1号議案2011年度活動・事業報告および決算、剰余金処分の承認について 拍手多数で提案通り承認
第2号議案 2012年度運動方針および事業計画、予算の決定について 賛成250人
反対4人
で提案通り決定
第3号議案 役員報酬限度額の決定について 賛成254人
反対4人
で提案通り決定
第4号議案 定款の改定について 賛成253人
反対0人
で提案通り決定
第5号議案 規約の改定について 賛成254人
反対0人
で提案通り決定
第6号議案 役員選挙について 拍手多数で提案通り承認
第7号議案 次期役員選挙管理委員の選任の件 拍手多数で提案通り承認
第8号議案 その他議案決議効力発生の件 拍手多数で提案通り承認
特別決議 「協同組合を社会に根付かせるために」 拍手多数で提案通り採択
カテゴリアーカイブ
HOT NEWS! (164)
イベント案内 (19)
アピール (6)
お知らせ (77)
展示会・内覧会 (2)
報告 (60)
パブコメ・意見提出 (23)

はじめての方へ

  • 子育て応援サイト
  • 子育て施設向け配送サービス
  • 電気の共同購入
  • 生活クラブの放射能対策
  • 台東区・新宿区・中央区で配送エリアを拡大
  • これいいクラブ

活動ブログ

子育て
保育園ぽむ
子育て広場ぶらんこ

ページの先頭に戻る