生活クラブ東京の最新情報

草の根市民基金・ぐらん公開選考会 12年度助成先団体が決定!

 
 

私たち自身のお金を、住みよい暮らしや地域に活かす。そんなお金の循環を作るのが、生活クラブがつくった市民ファンド「草の根市民基金・ぐらん」です。

助成の資金となるのは、主に組合員からの寄付です。毎月100円からの寄付を登録している方は、1月末現在1,845人。毎月40万円以上の寄付金が集まっています。毎年2月に注文用紙やデポーで行なう寄付では、750人から53万円が集まりました。
その資金を、どんな団体のどのような活動に助成するかを決める「公開選考会」が、2/9に行なわれました。寄付者自身も選考会に参加したり、ポイントアクションで投票したりできるしくみです。

▼熱気が伝わる!公開選考会の様子

活動への意欲や熱意がこもった発表が続きます今年は、応募団体関係者、寄付者、選考委員など73名が集まりました。ぐらんの助成募集に応募し、書類選考に通った14団体(都内枠11団体、アジア枠3団体)がそれぞれ7分間のプレゼンテーションを行いました。

活動している人たちに会って話を聞くことで、迫力や熱意、悩みにも触れられるとても貴重な体験となりました。歴史のある団体から新しい団体まで活動の幅は広いのですが、社会が抱える課題に向き合っていこうという共通の姿勢や意気込みが感じられます。
助成したい団体を選んで、投票します参加者からは、「多様なNPOなど団体の活動、プレゼンを学ぶ良い機会だった」、「全団体の熱意や想いが伝わり、心打たれた」「選考の難しさを感じた」(助成応募団体)、「社会制度の不備もよくわかった」「すべて公開されているのが印象的」(寄付者)などの感想が寄せられました。
最終的に、アジア枠1団体、都内枠6団体が助成先として決定しました。

<アジア助成>

特定非営利活動法人てのひら・人身売買に立ち向かう会
タイ・ジャパニーズチルドレンと気づき合うアートを用いたエンパワメントプログラム
助成額:500,000円

<都内助成>

1. 特定非営利活動法人Light Ring
青年期のこころの病予防推進プログラム
助成額:500,000円

2. NPO法人Street Culture Rights
都内青少年施設でのストリートカルチャー通年教室「RAW SKOOL」
助成額:500,000円

3. NPO法人国境なき楽団
障がい者による「とっておき劇団」の立ち上げ事業
助成額:500,000円

4. 非行と向き合う親たちの会
我が子の非行に悩む親たちが語り合う「例会」の開催
助成額:500,000円

5. マンマ・ミーア!プラス
西東京プレーパーク★キャラバン【みんなで創りあげるプレーパークの維持継続】
助成額:459,000円

6. NPO法人ArrowArrow
ライフイベント課題解決ハンドブック作成
助成額:500,000円

詳しくは草の根市民基金ぐらんHPへ>>

▼草の根市民基金・ぐらんへの参加について

組合員の方は、毎月寄付に参加できる登録ができます。詳しくはこちらから≫≫
暮らしを支え、住みよい社会をつくるお金の流れに、ぜひご参加くださいね!

*---*---*---*
生活クラブ東京

http://tokyo.seikatsuclub.coop/

カテゴリアーカイブ
HOT NEWS! (166)
イベント案内 (19)
アピール (6)
お知らせ (76)
展示会・内覧会 (3)
報告 (62)
パブコメ・意見提出 (27)

はじめての方へ

  • 子育て応援サイト
  • 子育て施設向け配送サービス
  • 電気の共同購入
  • 生活クラブの放射能対策
  • 台東区・新宿区・中央区で配送エリアを拡大
  • これいいクラブ

活動ブログ

子育て
保育園ぽむ
子育て広場ぶらんこ

ページの先頭に戻る