生活クラブ東京の最新情報

【消費材開発プロジェクト第2回】「生活クラブならでは」の消費材を考えよう

組合員の声をカタチにして、より利用しやすい材をつくろうと立ち上がった消費材開発プロジェクト。6/29(水)に行なわれた第2回プロジェクト会議のようすを報告します。
今回は、「いざという時のお助け消費材チーム」と「みんな大好き!ヘルシースイーツチーム」それぞれにわかれてスタート。前回プロジェクトのなかで出しあった、「いざという時はどんなとき?」「ヘルシーってどういうこと?」の【まとめ】をもとに、どんな消費材が具体的に考えられるか、イメージを膨らませながら意見を出し合いながらすすめられました。
 

「いざという時」は、さまざまなシチュエーションが考えられるね
(いざという時のお助け消費材チーム)

「急なお客さんや、私が寝込んでしまったときなど、<日常のいざ>と、地震が起きて被災したとき、自力で食べものをなんとかしないといけないなど、<非常時のいざ>はたしかに違うよね。ということは、それぞれに応じた消費材を考える必要があるよね」

 
 

「被災時は火元が確保できないことも考えられる。さらに非常時は栄養が偏りがちになるだろうし、昔よく見かけたウインナーの缶詰なんてどうだろう。もちろん、缶の蓋は、プルトップ仕様にして。」

チームメンバーはこれらの意見を通し、具体的な案を次回持ち寄ります。
 

「ヘルシー」なのはもちろん、生活クラブならではのスイーツがほしい!
(みんな大好き!ヘルシースイーツチーム)

「低カロリーで、子どもも大人も安心して食べられるものだよね。ただ、アレルギーを考慮すると味気なくなっちゃうから、見た目も大事なポイント!」
「紅玉や甘夏を使ったクッキーやパウンドケーキ、アイスなんてどう?生活クラブならではの材をメインにしたものは、みんな食べたいんじゃないかな」

 

「副原料に発酵食品を使ったもの、たとえば、豆乳を使ったヨーグルト、甘酒を使ったミルクプリンなんておいしそうじゃない?」
「あっ、いいね!発酵食品を使ったスイーツを食べたい組合員って、結構いると思うな」

などなど、18品目もの具体的な意見が出されました。
 
 
 
 
 
今までの漠然としたイメージがおぼろげながらカタチになってきたところで、次回プロジェクトでは、今回出された案の材の中身について深く考えていきます。
今後も消費材開発プロジェクトに注目ください!
 
第一回のようすはこちら

【2016年7月4日掲載】

*—-*—-*—-*
生活クラブ東京
http://tokyo.seikatsuclub.coop/

 

カテゴリアーカイブ
HOT NEWS! (170)
イベント案内 (22)
アピール (7)
お知らせ (77)
展示会・内覧会 (1)
報告 (64)
パブコメ・意見提出 (28)

はじめての方へ

  • 子育て応援サイト
  • 子育て施設向け配送サービス
  • 電気の共同購入
  • 生活クラブの放射能対策
  • 台東区・新宿区・中央区で配送エリアを拡大
  • これいいクラブ
  • クッキングスタジオBELLE

活動ブログ

子育て
保育園ぽむ
子育て広場ぶらんこ

ページの先頭に戻る