生活クラブ東京の最新情報

黒磯田植え交流会 お米ができるまでを体験!

みんなで記念撮影!生活クラブでは、組合員が栃木県の黒磯米の生産者「どではら会」のもとへ毎年訪れています。春の田植えからはじまり、秋には稲刈りを行ない、その後は各ブロックで生産者を迎える交流会を開催します。
今年は、5月20日(土)に、生活クラブ東京の組合員とそのご家族30名と生活クラブ栃木の組合員とそのご家族が参加し、交流田で田植え体験をしました。今年は特に小さなお子さんが多く、とってもにぎやかでした!

 はじめての感触!どんどん植えるぞ~

 

 

 

 

 

 
雲ひとつない晴天で天気もバッチリ。楽しみにしていた田んぼに到着。
足を入れる瞬間はドキドキでしたが、入れてみると気持ちいい!みんなで一列に並び、転びそうになりながら、生産者に指導をしていただいて楽しい体験になりました。

田植え以外にも楽しみがたくさん!子どもたちに大人気の田植え機に乗せてもらったり、小さなカエルをつかまえておおはしゃぎ!みんな楽しみにしていた昼食では、どではら会の婦人部の方たちが作ってくださったおにぎり・豚汁・おもち・漬物をおなかいっぱいいただきました。

 

参加者からの感想(抜粋)

  • 初めての田植え体験でした。毎日食べるお米とそれを作っている人達と自分はこれまで本当に距離があったなぁと改めて思い知らされました。
  • 稲わらリースづくりでお世話になった生産者さんにお会いできうれしかったです。婦人部のみなさんが作ってくださったごはんは、とーってもおいしかったです。いつも食べてる黒磯米よりうんとおいしかった気がします。
  • 想像を超える静かな田園風景で子どももとても喜んでいました。時間が足りなかったと思いますが、もっと田植えしたかった!!デス。おいしいお昼ごはんもごちそうさまでした。
  • あらためてどではら会の方々の知識の深さとコミュニケーションの力の高さを実感しました。次回はぜひ田んぼ一面田植えをしたい。田植え競争などしてみたい。
  • とても楽しかったです。生産者の方のにこにこ笑顔がうれしかったです。用水路に足を入れるのも、田んぼでカエルを見たのも子どもは初めてで本当に良い経験になりました。
  • 田植えの心地よさに心癒されました。黒磯のみなさんがとてもあたたかくあっという間に楽しい時間が過ぎてしまいました。ごはんがとーってもおいしくて家族みなたくさんいただきました。子供がおどろくほどよく食べ豚汁までおかわりしました。黒磯米注文します!

 

みんなで黒磯米を予約して、これからも食べつづけよう!

2016年度から「ひとめぼれ」と「なすひかり」のブレンド米に変更しています。粒が大きくしっかりしていて冷めてもおいしいお米です。

生産者のみなさんが育てたお米を私たちが食べきることで、減農薬にチャレンジすることができます。来年度からは減反政策が廃止になることで「米農家にとって100年に1度の転換期」とも言われているそうです。予約して定期的に食べていくことで産地をしっかり支えましょう!

予約については、ご利用のデポー・担当の配送センターまでお問合せください。

>予約のしくみの「よやくらぶ」についてはこちら 

【2017年5月26日掲載】

*—-*—-*—-*
生活クラブ東京
http://tokyo.seikatsuclub.coop/

 

カテゴリアーカイブ
HOT NEWS! (180)
イベント案内 (26)
アピール (7)
お知らせ (78)
展示会・内覧会 (5)
報告 (68)
パブコメ・意見提出 (32)

はじめての方へ

  • 子育て応援サイト
  • 子育て施設向け配送サービス
  • 電気の共同購入
  • 生活クラブの放射能対策
  • 中央区・新宿区で配送エリアを拡大
  • これいいクラブ
  • クッキングスタジオBELLE
  • 生活クラブの展示会

活動ブログ

子育て
保育園ぽむ
子育て広場ぶらんこ

ページの先頭に戻る