多摩きたの森と緑

2014年度は「森を知り、森を楽しみ、森を守る」活動の長期計画の最終年度。
森の価値を考えてみることから始めます。身近な木に関心を持って見ること、現状を知ること、消費材を通して森について考える学習会の実施等を予定しています。 

多摩きた第6次長期計画に向けてのアンケートへのご協力をお願いします。 

★森の価値を見直そう

東京の森林は78,648ha.で、都の総面積の1/3以上を占めており、その半分以上が多摩きたのエリアにあります。森林は水・大気・景観など私たちが環境を考える時、重要なテーマとなります。多摩きたの財産である森から私たちのプランターまで緑をつなぎ、環境メッセージを発信します。

ひだまりファーム協同村あきるの市
 

 点から線へ、線から面へ、とぎれることのない緑の回路を作っていきます。

わたしのまちの残したい風景 2014

★緑のカーテンをひろげよう 

 つる性の植物、朝顔やヘチマなどお好みの植物で緑のカーテンをつくりましょう。
緑のカーテンで夏の日差しをさえぎり、エアコンの使用量を減らしCO2の排出を抑えます。葉の茂った面積を報告してください。
多摩きたの緑のカーテンの面積を出します。

 

 ページの先頭に戻る

ページの先頭に戻る