北東京生活クラブ

生協の食材宅配【北東京生活クラブ】
国産、無添加、減農薬、こだわりの安心食材を宅配します。

地域の生協

ここからサイト内共通メニューです。

新型コロナウイルス感染拡大防止を考慮した組合員活動に関してのガイドライン

センター及び外部会場での企画に参加される場合、下記にご留意ください。

・企画に参加される方は、マスクを着用の上ご参加ください。

・発熱症状がある方の参加はできません(体調の悪い方の参加はご遠慮いただく場合があります)。

・参加者名簿に記入する際の筆記用具はご持参ください(使いまわしをしないため)。

・会場にはアルコール消毒を準備していますので、入室時に消毒をしてください。

・スリッパの消毒はしませんので、気になる方はご持参ください。

・今までの企画のように参加者名簿を作成し、事後に発症報告があった場合の対応に備えます。発症報告があった場合、保健所等の公的機関へ名簿を提供し、参加者対応を行ないます。

・入場・受付・退場時は他の参加者客同士の距離を空けます(最低1メートル(出来るだけ2メートル))。待機列を設置する場合があります。

下記は、企画内で主催者及び参加者が気を付けていることです。

・感染防止のための参加者数の制限を行ないます(椅子の数を減らして間隔を開ける、互い違いに着席する等)。
屋内での開催は収容定員の1/2まで可とし、屋外は国・都の基準を目安に開催を可とします。

・テーブル・イス等は使用前後に消毒します。

・換気を心がけます(冷房がかかっている部屋でも換気を優先します)。

・会場内の参加者同士は必要な距離(最低1メートル(出来るだけ2メートル))を保つとともに、大声での会話は慎んでもらいます。

・講師は、マスク着用を基本とします(場合によってはフェイスシールドも着用)。

・企画時に試食する場合は、共用皿や器具は使用せず、個別に配布するなどします。試食中、マスクを外しての会話は慎みます。

・ごみの処理を行なう時はマスクや手袋を着用しビニール袋に密封します。作業後に手洗いを徹底します。

・万が一、開催中に体調不良者が発生した場合は、速やかに別室へ隔離し、対応する組合員は、マスクや手袋の着用等適切な防御対策を講じた上で対応します。


東京都が定めた「日常生活を営む上での基本的生活様式」を参照
基本的な感染予防対策
各自が基本的な感染予防対策(①身体的距離の確保、②マスクの着用、③手洗い)を確実に実施の上、
社会経済活動においては以下の基本的生活様式を実践します。
[新しい生活様式の実践例]
①まめに手洗い・手指消毒 
②咳エチケットの徹底
③こまめに換気
④身体的距離の確保
⑤「3密」の回避(密集、密接、密閉)
⑥毎朝の体温測定、健康チェック。発熱又は風邪の症状がある場合は自宅で療養
 
北東京生活クラブ 公式SNSでお役立ち情報を配信中!
本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。