生協の食材宅配 多摩きた生活クラブ|サステイナブルなひと、生活クラブ(東京)

生協の食材宅配【多摩きた生活クラブ】
国産、無添加、減農薬、こだわりの安心食材を宅配します。

地域の生協

ここからサイト内共通メニューです。

GMOフリーゾーン運動とは

1999年、イタリアのワイン農家から始まった、遺伝子組み換え汚染から作物や食品を守ろう、という活動。
遺伝子組み換え(GM)作物やGM食品に反対し、GM作物の栽培やGM食品の生産・販売を拒否する農家や生産者が
「GMOフリーゾーン宣言」を表明しています。



遺伝子組み換え作物ってどんなもの?

 遺伝子組み換えとは、従来の品種改良とは違い、自然交配では絶対にありえない、生物の種の壁を越えて人工的に遺伝子を組み換えること。現在日本で承認しているGM作物は、大豆・とうもろこし・じゃがいも・菜種・綿実・てん菜・アルファルファ・パパイアの8種類で、商業的栽培は行われていませんが、たくさんのものが輸入されています。
 「除草剤耐性」を持たせて特定の除草剤を撒いたときその作物だけは枯れないもの(主なものはGM大豆)、「害虫抵抗性」を持たせて害虫が作物を食べたら死んでしまうもの(主なものはGMとうもろこし)などがあります。
 また、これらを組み合わせた品種の開発も進んでいますが、除草剤の効かないスーパー雑草やGM作物を食べても死なないスーパー害虫が出現し、これらを駆除するために、さらに毒性の高い農薬を散布するという悪循環を繰り返している状況です。
 輸入されたGM作物は、家畜の飼料、食用油、醤油などのほか、お菓子類も含めてさまざまな加工品に使われています。しかし、日本は食品表示義務が甘いので多くの日本人が知らずに食べている現状です。

生活クラブの遺伝子組み換え対策や反対する運動についてはコチラから


取扱い団体
多摩きた生活クラブ生活協同組合

呼びかけ団体
遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン

生活クラブをはじめませんか?

42万人が選ぶ安心食材の宅配生協です

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。