23区南生活クラブ

生協の食材宅配【23区南生活クラブ】
国産、無添加、減農薬、こだわりの安心食材を宅配します。

地域の生協

ここからサイト内共通メニューです。

第25回 23区南通常総代会報告

2019年6月4日(火)、北沢タウンホールにおいて、第25回23区南通常総代会を開催しました。総代定数200名のうち165名出席(委任状23名含む)で、すべての議案が賛成多数で可決成立しました。

<総代・総代会とは>
生活クラブは「生活協同組合」です。組合員自らが「出資」し、生産者とともに開発した消費材を「利用」し、組織を「運営」します。総代会は定款によって年1回必ず開催される「23区南生活クラブ生活協同組合」の最高意思決定機関です。
本来ならば組合員全員が集まって開く総会が望ましいのですが、組合員の代表=「総代」が、議案書で提案された23区南の方針、事業計画、予算などについて審議し、議決します。

<質問・意見の一部>
第1号議案 2018年度活動・事業報告および決算、剰余金処分案の承認について
●TV放送の影響で拡大に効果があったかと思う。問い合わせの急増で職員の負担や混乱があったと聞いた。事前に把握し対応できていたのか?
テレビ局からの連絡は突然であった。取材も直近の要請で放送内容はテレビ局判断なので反響の想像は難しかった。教訓から以降は準備を行なっている。
●監査報告より経費を抑えるよう指摘があったが経費がかさんだ理由を教えてほしい。また、意見としてコスト管理を徹底してほしい。
人件費の計画比が105%、前年比108%と上回った。土地柄、駐禁対策に人件費がかさむことから他ブロック単協に比べ人件費が1億円多く3億円を超えている。
●コミュニティについて、まだ成熟していないので育成するにはどうしたらよいか考えたい。拡大ばかりに走っている、組合員が学習したり情報を伝えることに力を入れることが必要。情報を受け取る組合員の質をあげることも重要と思う。
●近所の新規加入者がわからない。コミュニケーションツールを考えてほしい。

第2号議案 2019年度運動方針および事業計画・予算の決定について
●食のコンシェルジュに予算補助をつけてほしい。
利用を上げる活動(2019年度は特にお米)に参加するまち委員の交通費やキャンペーンに予算配分を多くしているためつけていない。
●加入問い合わせ対応ワークの実績と経費を説明してほしい。
⇒2018年度は18名の組合員が登録。対応38件中33件加入。1件1000円の経費。
●組合員事務局は、人ありきなのか、役割は人によって変わるのか?
担い手がいないと成立しない。
●総代は議案書を読み込んできているので、提案はポイントで、討議に時間を。
●総代にも組合員にもいろいろな情報を出してほしい。例えば兼任理事について総代学習会でもっと活発な議論があってはじめて決めることができると思っている。
●食べることを通じてまちづくりが生活クラブの活動。根底にあるワーカーズや代理人運動について未組織地域に広げていくことを議案書にもっと盛り込んでほしい。
重要と捉えており、今年度も学習会を開催する。皆さんも参加、呼びかけをお願いしたい。
●情報活動で、著作権・SNSの情報発信についても学習してほしい。
●会議資料が膨大、ペーパーレス化で経費節減を。

第3号議案 役員報酬限度額の決定について
第4号議案 定款の改定について
第5号議案 総代選挙規約の改定、総会及び総代会運営規約廃止・新設について
第6号議案 役員選挙について
●採決がないのはなぜか
役員選挙規約で定数を越えなければ全員を当選人として総代会では報告となっている。
第7号議案 次期役員選挙管理委員の選任について

2019年度役員については「みなみ風7月号」
各議案の採択数については「みなみ風8月号」に掲載しています。

 
23区南生活クラブ 公式SNSでお役立ち情報を配信中!
本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。