生活クラブ東京

生協の食材宅配【生活クラブ東京】
国産、無添加、減農薬、こだわりの安心食材を宅配します。

地域の生協

ここからサイト内共通メニューです。

梅雨の到来!「協同村ひだまりファーム」の様子


 6月半ばを過ぎオレンジ色の色鮮やかな「ザクロ」の花が咲き始めました。とても鮮烈な色彩に、ついつい見とれてしまいました。収穫できるのは秋になってからですが、先日も山から降りてきたサルが「ビワ」を全部食べてしまいましたので、大きく育ってくれるか心配です…。

 ワーカーズコレクティブ 草の実主催の人気イベント「はちみつ絞りとミツバチの話」「遊ぼうパン」が開催され、9家族27人が参加しました。当日は提携生産者スリーエイトの木村さんと志村さんから、ミツバチの話をいっぱい聞かせていただきました。その後、蜂の巣箱(養蜂箱)から素枠を取り出してハチミツ分離機をみんなで回してハチミツを絞りました。また、オプションのイベント「遊ぼうパン」では、竹の棒にパン生地を巻き付けて炭火で焼き、出来立てのはちみつを塗って食べました。美味しかった~。

【ミツバチのお話から…】
 

・ミツバチは群れで暮らしていて、その中で女王バチは1匹だけ。その女王バチは1日約2,000個の卵を産みます。
・働きバチは全てメスで、巣作り、巣の掃除、赤ちゃん(卵)の世話、一方、花の蜜を取りに行きます。オスは働かないで巣の中でのんびりしていますが、やがて巣から追い出されます。
・働きバチは花から蜜(果蜜)を吸ってきて、お腹の中の酵素で分解した後、巣の中で吐き出し、羽をバタバタさせて水分を蒸発させて甘い蜂蜜になります。
・飼われているミツバチの約98%は受粉用(花粉交配)、残りの2%がはちみつ用。


■キャンプサイト


●キャンプサイト
 
協同村ひだまりファームの一番奥、おひさまが降り注ぎ、爽やかな
風を感じられる広々としたサイトです。キャンプサイトの脇には、テーブルと腰掛がある「集いの木陰」、洗い場の「水の木陰」、バーベキューが楽しめる「火の木陰」が並び、日帰りで遊びに来た方も利用することができます。

●ウッドデッキのキャンプサイト
 
 場所は、記念館(白い建物)の裏に2箇所です。デッキの広さは3m×4mになります。通常協同村で貸出ししているテントでは、若干はみ出してしまうので、少し小さめのレンタル用テントを張っています。

 少し小高い場所で、木の下という事もあり、日差しがさえぎられ、爽やかな風を感じることもできます。デッキサイトの横には、テーブルと腰掛がありますので、家族でゆっくりくつろぐことができます。
 

ウッドデッキをご希望される場合は、「ウッドデッキ希望」とお申し出下さい。
ウッドデッキのキャンプサイト使用料(テント付き)  3,200円 




~利用者の声~ 2019年4月 
 
まだ冬の寒さが残る4月の初めに協同村の新しくできたウッドデッキのテントサイトに家族で泊まりました。
 そのサイトはブレイクモア記念館の横の大きな欅の下で高台なので眺めも良い感じ。着いた時にはウッドデッキの上にすでにテントを張ってくれていて助かりました。専用のテーブルと椅子もあり、バーベチューコンロもあります。前に泊ったキャンプサイトから少し離れていて、家族でリラックスでき、デッキサイトもとても良かったです。薪や鉄板など道具も揃っています。野菜やお肉をみんなで焼きながら頂ききました。食事が終わる頃には真っ暗になり、ランタンの灯りと焚き火の炎があたたかく感じます。山の景色もご馳走です。食事を食べながら、空を眺め、稜線の美しさや光の変化を楽しみました。星もたくさん見えます。夜は太陽熱で温めたお湯を湯たんぽに入れて暖をとりました。寝袋でも暖かく眠れました。協同村には池があります。おたまじゃくしも沢山いて、元気に泳いでいました。6月になるとモリオアオガエルが山から来て卵を産むそうです(この蛙は西多摩では準絶滅危惧種)。古民家と上の道路の間の段々畑にはみかんがありますが、お猿さんが来てほとんど食べていってしまうそうです。畑の作物も人間以外の動物に盗られることも。これまで何度か協同村を訪れましたが、管理人の福元さんにこの土地のいろいろなお話を聞き、これまでより身近に感じられました。ありがとうございました。畑で採れたての野良棒を朝湯がいてお浸しにして頂きました。その美味しかったこと!早春の協同村を満喫し帰りは金比羅山登山も楽しみました。また遊びにゆきます!
   協同村には池があります。おたまじゃくしも沢山いて、元気に泳いでいました。6月になるとモリオアオガエルが山から来て卵を産むそうです(この蛙は西多摩では準絶滅危惧種)。古民家と上の道路の間の段々畑にはみかんがありますが、お猿さんが来てほとんど食べていってしまうそうです。畑の作物も人間以外の動物に盗られることも。これまで何度か協同村を訪れましたが、管理人の福元さんにこの土地のいろいろなお話を聞き、これまでより身近に感じられました。ありがとうございました。畑で採れたての野良棒を朝湯がいてお浸しにして頂きました。その美味しかったこと!早春の協同村を満喫し帰りは金比羅山登山も楽しみました。また遊びにゆきます!


■イベント情報(~9月)

<生活クラブ・東京、地球野外塾 共催>
 ●ホタル探しキャンプ
  日 時:6月29日(土)~30日(日) 1泊2日
  参加費:11,000円 /1人
  内 容:ホタルを探すナイトハイクキャンプ
  ※雨天中止
  ほたる・ちょうちん・テントの灯火…
  ほのかな光を楽しむ初夏の夜。

   夕方からちょうちんをもって山中へホタルを探しに散策開始。
   キャンプではろうそくを多用して、できるだけ自然な光に親しみま
   す。
 
 ●イチから作る青竹流しそうめん
  日 時:6月30日(日)、7月7日(日)
  参加費:4,500円 /1人
  内 容:竹の切り出しからはじめるそうめん流しです。
  ※雨天中止
      ※小学3年生以下は保護者同伴。
  清々しい青竹を切り出して
  特製流しそうめん作ろう

  竹の特性に沿ってノコギリやノミを使います。
  器から調理まで全部手作りだから…
  頭も体もフルに使えて楽しいです。
 
 ●はじめての川遊び
  日 時:7月14日(日)
  参加費:4,500円 /1人
  内 容:協同村の前を流れる川や地形を使って、実践的な水難事
      故予防の知識習得と体験。
  ※雨天中止  
  子どもと川遊びしたい…
  それなら!ライフジャケットで
  
楽しさと安全の一挙両得。

  ライフジャケットの着け方と川遊び時の注意点を
  遊びながら実地で身につけられます




<ワーカーズコレクティブ 草の実 主催>
 ●石窯でピザ焼き体験 自分の手で焼いてみよう!
  日 時:7月7日(日)・13日(土)・14日(日)・15日(月)・
      21日(日)、8月11日(日)・12日(月)・13日(火)・
      14日(水)・15日(木)・25日(日)、9月15日(日)・
      16日(月)・21日(土)・22日(日)・23日(月)
      11:00~13:00
  参加費:1,500/1人
  内 容:ピザ生地を伸ばし、トッピング、石窯に入れ焼きます。

 ●べに花染
  日 時:7月14日(日) 10:00~13:00
  参加費:2,000円 /1人 ※布代別
  内 容:べに花で染めます。
               
 ●藍の生葉染
  日 時:7月21日(日)、8月11日(日) 10:00~13:00
  参加費:1,200円 /1人 ※布代別
  内 容:藍の生葉で染めます。この時期ならではの空色に染まりま
      す。

 ●秋川で魚釣り
  日 時:7月28日(日)、8月4日(日) 10:00~14:30
  参加費:2,100円 /1人 ※ニジマス2匹付き
  内 容:秋川でハヤ釣り体験。釣り方は秋川地域独特の方法を伝
      授。
  ※釣は小学生対象ですが、必ず保護者同伴。

 ●石窯で焼くライ麦パンとスモークチーズ
  日 時:8月10日(土) 10:00~15:00
  参加費:2,500/1人
  内 容:生地ねり、醗酵、成型、窯入れから窯出しまで行います。
      空いた時間でチーズをスモークします。

 ●ダッチオーブンを使いこなそう!
  日 時:8月17日(土) 10:00~15:00頃
  参加費:3,500/1人
  内 容:オーブンとして使い、鶏の丸焼きとパンを焼きます。
  ※最大8人

 ●ソーセージ作りと石窯パンを焼こう
  日 時:9月14日(土) 10:00~15:00
  参加費:2,500/1人
  内 容:羊腸とセロハンでソーセージを作ります。石窯で焼いたパ
      ンにソーセージを挟んで食べるよ!
  ※オプションでピザもあります。(要予約別料金)

■ご利用方法



∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
★協同村ひだまりファーム

東京都あきる野市戸倉863
TEL.042-596-0103(休村日を除く9時~17時)
休村日:火・水曜日 7月8月は休村日無し



生活クラブをはじめませんか?

40万人が選ぶ安心食材の宅配生協です

生活クラブ東京 公式SNSでお役立ち情報を配信中!
本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。