生活クラブ東京

生協の食材宅配【生活クラブ東京】
国産、無添加、減農薬、こだわりの安心食材を宅配します。

地域の生協

ここからサイト内共通メニューです。

生活クラブ農園・あきる野

生活クラブ・東京では、あきる野市内の休耕農地を借用して「生活クラブ農園・あきる野」を2016年8月に開園しました。「農作物の生産と販売」と「組合員による農業体験、交流事業」を事業の柱とし、再生可能な農業を創出し、次世代へつなげることをめざしています。
都市農業を推進し、国内自給力向上をめざす取組みの一環として、生活クラブ・東京が園主となり事業を行ない、市民の農業参画、農薬にできるだけ頼らない栽培、江戸東京野菜(伝統野菜)づくりへのチャレンジ、農業・生きもの・環境の視点を盛りこんだ生活クラブならではの農園づくりをめざしています。2019年5月から東京都立あきる野学園(特別支援学校)の農園芸作業学習に外部専門員としてアドバイスの実施、9月からは農作業学習の授業を直営農場にて行なっています。今後は地域の方々との農福連携をめざしています。
「生活クラブ農園・あきる野」は、直営農場(あきる野市渕上、下代継)と農業体験農園(あきる野市下代継)の2つの事業からなります。
《直営農場》
直営農場では、専従の農場長と生活クラブ生協組合員の有償援農ボランティアで農場運営を行なっています。
収穫した生産物は、生活クラブの配送センターおよびデポー等を通じて組合員へ供給しています。2018年度から野菜の収穫体験企画(夏、秋、冬)を実施しています。
《農業体験農園》
名称を生活クラブ農業体験農園「のらっこ あきる野」とし、組合員から入園者を募り運営しています。入園者は1区画30㎡の利用料を支払い、農作業に取り組みます。
種子や苗、農具も全て生活クラブで用意し、プロの農業者が手ほどきしますので、全くの初心者でも安心して農作業から収穫まで体験することができます。

▲はじめてカブが穫れました!
▲夏の収穫交流会のようす

生活クラブをはじめませんか?

40万人が選ぶ安心食材の宅配生協です

生活クラブ東京 公式SNSでお役立ち情報を配信中!
本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。