生活クラブ東京

生協の食材宅配【生活クラブ東京】
国産、無添加、減農薬、こだわりの安心食材を宅配します。

地域の生協

ここからサイト内共通メニューです。

アメリカ合衆国における臨界前核実験に対する抗議文

2019年2月アメリカ合衆国ネバタ州における臨界前核実験が行なわれた事を、エネルギー省が5月明らかにしました。核エネルギー爆発を伴わないとはいえ、今日の世界情勢を考えるなら、臨界前核実験の実施は核兵器の開発や拡散を促進させる引き金となります。生活クラブは、原発と核兵器が集中する東アジア地域の実態を踏まえ、平和運動をすすめてきました。この立場から、抗議します。

以下、抗議文全文

アメリカ合衆国における臨界前核実験に対する抗議文


 貴国が実施を発表した2月の臨界前核実験は、核爆発は伴わないとはいえ、核兵器の開発や核の拡散を助長しかねない行為であり、平和な世界を希求する世界中の人々の失望と憤りを巻き起こしています。
被爆国であり「非核三原則」を堅持している日本の生活協同組合として、今回の貴国の臨界前核実験に対し、強く抗議します。

 核兵器は1945年の広島・長崎への核爆弾投下により、多くの犠牲をうみ、そして今も苦しみ続けている非人道的な大量殺戮の戦争兵器です。
核兵器は今の私たちの生活を破壊するのみならず、その後長い期間にわたって、私たちの子ども・孫の世代のくらしを脅かすものです。

 人々のくらしを豊かにすることを第一の目的として活動を進めている生活クラブ生活協同組合・東京約9万人の組合員を代表して、抗議の意思を表明するとともに、ただちに核兵器の廃棄と今後の開発計画の中止を強く求めます。


生活クラブ生活協同組合・東京
理事長 増田 和美
〒156-0051 東京都世田谷区宮坂3-13-13
電話 03-5426-5200

【2019年6月26日掲載】

生活クラブをはじめませんか?

40万人が選ぶ安心食材の宅配生協です

生活クラブ東京 公式SNSでお役立ち情報を配信中!
本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。